2014年 5月

ご挨拶

2014-05-06

時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。このたびの道議会議員選挙に際しましては、大変力強い御支援を賜わり二期目の当選を果たせて頂き、衰心より厚く御礼申しあげます。

本来でありますと早速拝眉の上、御礼申しあげるべき所でございますが、選挙後に体調異変を感じておりましたので、医師の診断を仰ぎました所、即刻入院を薦められた次第であります。

4月19日(土)以降、18日間の入院生活を経て、5月5日(月)には無事退院することができました。風邪が完治しないまま選挙を戦ったことが、症状をより悪化させてしまい、入院しても数日後には復帰できるものと考えていたのも誤算で、思いの他状態が悪く日数が延びてしまいました。

この間、後援会をはじめ関係の皆々様には多大なご心配をおかけし誠に申し訳ありませんでした。おかげ様で入院の原因となった肺炎、気管支炎も順調に回復しておりますのでご安心下さい。長期の入院生活で体力も完全に回復しておりませんが、気力を振り絞って5月7日以降の道議会に臨んで参りたいと思っております。

また、統一地方選の後半戦につきましても、私の選挙で色々お世話になりながら十分な対応ができなかったことにつきましてもお詫びを申しあげます。このことについてはこれからの私の政治活動の中で挽回すべく努力をして参る所存であります。

本格的な春が訪れ、桜の便りも届いておりますが、皆様におかれましてはご健勝にてお過ごし頂きますよう祈念致しまして、ご挨拶と致します。

平成15年5月6日
北海道議会議員 遠藤 連

Copyright(c) 2017 ren endo All Rights Reserved.