総裁選

2007-09-26

9月12日、安倍総理大臣が突如として退陣表明を行った。7月の参院選で敗北を喫しながらも解散総選挙ではなく、内閣改造によってこの難局を乗り切ろうとし、その初舞台となる臨時国会が10日から始まったばかりであった。冒頭の所信表明演説において、安倍首相はイラク特措法をはじめ、内外の諸問題の解決に強い意欲を示した矢先の辞任であった。

誰の目にも政権を投げ出したとしか映らなかった。私は、体の力が抜けてしまったような脱力感を味わった。安倍首相は私の一歳年下だ。長州(山口県)の出身であることは別にして、同世代の人間としてのシンパシーもあった。しかしながら、よほどの事情があったにせよ、あまりにも突然の辞任には無責任さを感ぜずにはおれなかった。

かくして、自民党は国会を中断して、新しい総裁を選ぶ作業に着手した。以前から意欲満々の麻生太郎幹事長が名乗りをあげた。国民には予想外に映った福田康夫元官房長官の名前が浮上し、ほどなくして本人が手を挙げる頃には八つの派閥が推薦を決めていた。立候補を検討していた額賀財務相は、流れに呑みこまれるように出馬を見送ることになった。一方、麻生陣営は国会議員票の不利を挽回すべく、知名度を頼りに地方票の獲得に奔走した。私の自宅にも本人から直接電話がかかってきた。ただ、国会議員票が387、地方票が141と国会議員票が圧倒的に多いだけに不利は否めなかった。私の心配事はただ一つ、国会議員と地方支部が違う人物を選んだ時のことだ。民意は地方票に如実に表れるのであって、国会議員票は永田町の独特な論理で動く。永田町の論理が、民意と一致しないこともあり得る。そうなればいよいよ自民党は終わりだろう。参院選で表面に出たのは年金や政治とカネの問題であったが、真相は自民党の政治家が民意とかけ離れていることに対する国民の痛烈な批判であったはずだ。このたびの総裁選、自民党としては民意を受けとめる党なのかどうか、国民の信頼を回復できるのかどうか、党の存亡をかけた瀬戸際の戦いなのだ。

最も悪いタイミングで辞任し、国会を休んでまで実施された総裁選に対して、国民の批判や無関心は相当なものかと思っていたら、意外にも関心は高かった。東京、渋谷、大阪、高松、仙台での街頭演説会には、どこも万を超える聴衆が押しかけた。もちろん、動員をかけた訳ではない。自民党員は数えるばかりで、圧倒的に無党派の国民が多かった。タレントなどと比べてアピール度の高い候補者たちではないだけに、なぜ

そんなに盛りあがるのか不思議でならない。本当に無党派層の動きはつかみにくいものだ。

9月23日、自民党本部で行われた総裁選挙に、私は北海道に割り当てられた3票のうち、1票を投じるために出席していた。自民党道連組織委員長という立場にあったため、お鉢が回ってきたのであった。事前に行った党員の意向調査において、福田氏に2票、麻生氏に1票を投じることに決まっていて、私には福田氏と書くように指示が出ていた。午後2時、党本部8階ホールにおいて党大会に代わる両院議員総会が開かれた。衆議院議員から一人ずつ壇上に出て投票が始まった。総理大臣経験者、派閥の領袖、閣僚、タレント議員などが投票する瞬間は、居並ぶ報道陣から機関銃のように一斉にシャッターが切られた。それにしても参議院の先生方は態度が悪い。私の前列には、テレビによく出演する議員が座っていたが、同僚議員の悪口を連発していた。「良識の府」にもいろんな人がいることがよく分かった。参議院議員が終わり、いよいよ地方代表の番だ。まずまっさきに北海道が呼ばれ、われわれ3人が壇上に進んだ。投票箱に票を入れる時に最前列に並んでいた海部俊樹氏、小泉純一郎氏などの首相経験者がチラリと見え、私は思わず礼をしてしまった。この様子はテレビを通じて放映されたと見え、後日、見たよ、行ってたんだねという言葉を多くの人からかけられた。

午後3時8分、臼井選挙管理委員長から結果が発表された。福田康夫君330票、パラパラの拍手とえーっという声。麻生太郎君197票、おーという声があがる。案外少なかった福田票、意外にも多かった麻生票という反応ではなかったか?当選を告げられた福田康夫新総裁は拍手の中を立ち上がり、口元を引き締めながら会釈のような礼を前側と後側に二度した。表情の動きやアクションが極めて小さい人タイプの人で、落ち着いた印象を与える反面、迫力や面白みに欠けるきらいがある。生え際の白髪が少し浮いた様子は、準備の余裕すらなかった総裁選のあわただしい訪れを物語っているようだった。壇上の挨拶でも、両手を前で組み、校長先生が式辞を述べるように淡々と話した。安倍前総裁、小泉元総裁とは全く違うタイプの宰相が誕生した瞬間に、私は立ち会うことができた。おそらく、今後二度とないであろう人生で初めての経験に感慨深いものがあったが、新しい総裁からは以前経験したことのある古い政治家の雰囲気を感じたのはなぜであろうか。

総裁選挙が終わって外に出た。驚くべきことに「麻生」と書いたプラカードを持った若者たち200名ほどが、サッカーのサポーターのように声を揃えて叫んでいた。この人たちの選択が民意の現れなのか、自民党の選挙結果が正しく民意を現していたのか、正解はあと1年以内に判明することになるだろう。

Copyright(c) 2017 ren endo All Rights Reserved.